着物買取の相場を徹底比較!東京で着物を売るならどこ?

リサイクルショップなどがたくさん林立していますが、着物の買取に対応しているところは実は多くありません。対応していてもしっかりと査定できないところもあれば、利用しにくいお店もあるので、高く売れて、利用しやすいところを探しましょう。

着物買取ショップの選び方

着物買取ショップ選びで成功すれば自分の持っている着物が高く売れ、逆に失敗するともったいないことになります。日常的に着物を売却する人などほんの一部のため選び方のコツがわかりづらいですが、いくつかの点に気をつけると後悔なく手放せます。

まずは宅配買取、出張買取、店頭買取のどれを希望するか決めましょう。

各お店によってすべてに対応しているところもあれば、例えば宅配買取だけ行っているところもあるので重要な選ぶための要素となります。買取方法によって絞込みができたら公式サイトを見て、一連の流れや過去の買取情報の案内、会社情報をチェックしてください。

電話で申し込むお店、インターネット上で申し込むお店がありますし、希望日時の決め方などもそれぞれ異なるため、サイトできちんと流れを確認しましょう。

また過去に実際に買取をした際の価格情報も通常記載されているため、大体の相場を確認する目的でチェックしてください。写真と価格がセットで掲載されていれば自分が売りたい着物と類似したものを見つけられるので非常に参考になりやすいです。

着物は数万円や場合によっては100万円を超える高額なアイテムなので、特に宅配買取の際には会社情報のチェックは必須です。店舗名や会社名で検索し、悪い情報が出てこないかも確認しておくべきです。

おすすめの買取ショップ7選

バイセル

もともとスピード買取.jpという名称でしたが2018年7月よりバイセルという店名に変更されています。女性査定員がいるため一人暮らしの女性が出張買取を希望する際にも安心感が持って、最短で30分で出張してくれる点は他のお店にはない魅力でしょう。

過去の実績も他の着物買取ショップに比べて飛び抜けていて、テレビCMの放映以降はより人気度が加速しています。とにかく買取価格に自信があるようなので、価値のあるものや大切な着物を売る際にぜひとも利用したいです。

着物買取プレミアム

相談、見積もり料、出張料、査定料、宅配送料、キャンセル料、買取手数料が無料で、サイト上で「7つの無料宣言」を行っています。査定依頼だけでなく気軽に相談ができる部分も特に初心者に支持されていて、ベテランの査定員がいるので査定の際にも安心です。

お客さん都合で利用しやすいと話題の宅配買取やすぐに現金化できる出張買取、店舗での買取も行っていて、それぞれにメリットがあります。大量の着物にも対応しているため、引っ越しや遺品整理、生前整理の際にも利用しやすいと評判です。

ザ・ゴールド

買取が成立しなくても出張料やキャンセル料などはかかりませんので誰もが気軽に査定依頼が可能です。また毎日24時間無料査定の受け付けをしていて、フリーダイヤルでの電話対応も時間は限られますが年中無休で行われています。

販売ルートの確保や市場の動向のチェック、多数の直営店の活用などにより高額買取が可能になっていて、お客さん目線に立った買取が期待されています。着物以外にも反物や扇子、和装関連アイテムを取り扱っていて、まとめて多くのアイテムを売りさばきたい時にも便利です。

久屋

出張や店舗での買取には対応していませんが、便利な宅配キットを用意している宅配買取があります。北は北海道、南は沖縄県まで対応しており着物の数に指定もありませんし、自分の好きなタイミングに発送や各種手続きが可能です。

取引に当たってお客さんが負担する費用は0円で、プロの鑑定士が査定する点も安心材料のひとつです。着物専門だからこその高い知識レベルがあるので依頼しやすく、着物に詳しくない人であっても売却しやすいでしょう。

ヤマトク

着物買取の際に注意すべき点といえば「コンディション」ですが、ヤマトクは「汚れている着物」「古い着物」の買取も行ってくれます。25年間にわたって数多くの買取をし、今では1年間に1万7,000件以上の取り扱いをしています。

査定額アップキャンペーンの実施や梱包キットの準備のようなお客さんが喜ぶサービスを提供してくれています。

たんす屋

日本最大級のリユース着物の取り扱い店であり、買い取りにも力を入れているお店です。複数の買取方法から適切なものを選択でき、基本的には絹でできた着物や帯を中心に買取しています。

査定金額は当然ながら、スタッフの態度が良いことが多いので安心できるという声も多数あがっています。着物類以外も取り扱っているお店が多い中たんす屋は特化していてスタッフの知識量もかなり高いことが予想されます。

KOMEHYO

KOMEHYOはとても有名な買取ショップで、ブランド品をはじめありとあらゆるアイテムを取り扱っています。

大手で数多くの実績があるので着物を売る際にも安心できますし、スマホがあればLINE査定が可能になるので本格的な査定をする前に大まかな金額がわかります。

規模の大きさがもたらす安心感のおかげで、高い価値の着物も手放しやすくなります。

どんな着物が高く売れるの?

着物といっても種類は幅広く、高い価格で売れるものもあれば二束三文のものもあります。

基本的に絹100%の正絹は非常に人気があり、査定額も高くなりがちです。着物の生地には絹の他にも木綿や麻、ウール、ポリエステルなどがあるのですが絹は別格扱いされています。

そして自宅用の着物、訪問着などに分類でき、訪問着は高く売れるケースが多くなっています。訪問着は冠婚葬祭や重要なイベントの際に着用できる種類のもので、自分だけではなく娘や孫などに引き継がれることも少なくありません。

また使用状態や着物のコンディションも価格に大きく影響を与え、未使用状態のしつけ糸がついている着物は一般的な中古品に比べて高額です。また保管状態が素晴らしいとシワなどが目立ちにくく、それらも高く買取されやすいです。

以上のような着物が高い価格で売れやすいのですが、非常に有名な人が製作を手がけた場合や有名ブランド品の着物なども一般的なものに比べて価値が高くなります。

買取できない着物はあるの?

普通に取り扱っていて保管していた着物であれば大抵買い取ってもらえますが、例外もあります。

買取ショップによって基準が異なるので一概には言えませんが、虫食いや汚れ、ダメージなどがあると買取対象から漏れる可能性もあります。

もし手放したい着物がある場合は自分でコンディションのチェックを行い問題がなさそうであれば好きな業者に依頼して大丈夫ですが、汚れやダメージなどがある場合は、その状態でも買取してくれるショップを探し、そのお店を利用したいです。

他にもカビが生えている、臭いがある、特殊すぎるサイズの場合には断られることもあり、場合によっては喪服の買取も断られる可能性があります。

まとめ

着物の買取は、古本や家具、電化製品などとは異なり非常に特殊な分野なので専門知識を持ち、査定技術が優れたお店を利用すべきです。今回紹介した7つのショップは多くの人たちが実際に利用していて口コミ評判も良好です。

査定依頼を行う前にどのような着物だと高額査定されるのか、そして買取が難しい着物の種類を把握しておくことも重要でしょう。買取ショップ選びはインターネットサイトを参考にするととてもはかどり、公式サイト以外にもレビューを確認することも大切です。

その他の記事